自然災害解析部門

教員紹介※教員紹介はあいうえお順です。
※教員名をクリックすると各個人HPへ移動します。

井良沢写真

井良沢 道也
イラサワ ミチヤ Michiya Irasawa

所属/農学部共生環境課程 教授
Professor
専門分野/砂防学,地すべり学,森林,雪氷水文学
Erosion Control Engineering, Landslide Engineering, Forest and Snow Hydrology

井良沢研究
センターでの研究、活動のテーマ
  • 中山間地の土砂災害防止のための住民との協働による防災力向上
  • 土砂災害防止教育の実践的取り組み
  • 東北の土砂災害の予知予測
Study in RCRDM, Theme of Activities
  • Prevention the sediment-related disaster together with residents in mountainous areas
  • Education which aimed at prevention of the sediment-related disaster
  • Forecast prediction concerning the sediment-related disaster in the Tohoku district
大河原写真

大河原 正文
オオカワラ マサフミ Masafumi Okawara

所属/工学部社会環境工学科 准教授
Associate Professor
専門分野/地盤工学,土質力学
Geotechnical Engineering, Soil Mechanics

大河原研究
センターでの研究、活動のテーマ
  • 斜面の安定性に関する研究
Study in RCRDM, Theme of Activities
  • Research on the slope stability analysis
写真

小笠原 敏記
オガサワラ トシノリ Toshinori Ogasawara

所属/工学部社会環境工学科 准教授
Associate Professor
専門分野/海岸工学,沿岸防災学
Coastal Engineering

研究風景
センターでの研究、活動のテーマ
  • 津波に対する粘り強い構造物の設計基準の確立
  • 流体−個体相互作用を考慮した数値シミュレーションの開発
Study in RCRDM, Theme of Activities
  • Establishment of Design Standard of Patient Structure for Tsunami
  • Development of Coupled Analysis on Fluid-Solid Interaction using MPS Method
写真

鴨志田 直人
カモシダ ナオト Naoto Kamoshida

所属/工学部社会環境工学科 助教
Assistant Professor
専門分野/岩盤力学,地盤耐震工学
Rock Mechanics, Geotechnical earthquake engineering

研究風景
センターでの研究、活動のテーマ
  • 地震時における重要構造物基礎岩盤の安全性評価に関する研究
Study in RCRDM, Theme of Activities
  • Study on Seismic Performance Evaluation of Rock Mass Foundation for Important Structures
写真

越谷 信
コシヤ シン Shin Koshiya(副センター長)

所属/工学部社会環境工学科 准教授
Associate Professor, Deputy Director
専門分野/構造地質学,火山学
Structural Geology

研究風景
センターでの研究、活動のテーマ
  • 奥羽脊梁山地周辺の活断層の地下構造の解明
  • 岩手火山の活動史に関する研究
  • 北上低地帯の地盤構造の解明
Study in RCRDM, Theme of Activities
  • Geological Structure of Active Faults in the Ou Backbone Range
  • Shallow Geological Structure in the Kitakami Lowland
写真

土井 宣夫
ドイ ノブオ Nobuo Doi(部門長)

所属/教育学部生涯教育課程 教授
Professor
専門分野/火山地質学,地形学,自然災害学
Volcanology

研究風景
センターでの研究、活動のテーマ
  • 岩手県内4活火山の噴火史研究と火山観測
  • 三陸海岸津波履歴調査と地殻変動の研究
  • 岩手防災サロンの開催
Study in RCRDM, Theme of Activities
  • Tephrochronology of Active Volcanoes
写真

松林 由里子
マツバヤシ ユリコ Yuriko Matsubayashi

所属/工学部社会環境工学科 助教
Assistant Professor
専門分野/海岸工学
Coastal Engineering

研究風景
センターでの研究、活動のテーマ
  • 津波避難行動と取得情報に関する研究
Study in RCRDM, Theme of Activities
  • Evacuation Against Tsunami and Needed Information
写真

柳川 竜一
ヤナガワ リョウイチ Ryoichi Yanagawa

所属/地域防災研究センター 特任助授
Assistant Professor
専門分野/海岸工学,沿岸防災工学、沿岸生態系工学
Coastal Engieering, Coastal Disaster Prevention Engineering, Coastal Ecosystem Engineering

研究風景
センターでの研究、活動のテーマ
  • GISを用いた津波被害の解析
  • 東日本大震災の2次災害に関するリスク評価
  • 津波防災知識の普及活動
Study in RCRDM, Theme of Activities
  • Tsunami suffering Analaysis using GIS
  • Risk Assessment for Secondary Disaster of Great East Japan Earthquake
  • Familiarization of Tsunami Disaster Prevention Knowledge
写真

山本 英和
ヤマモト ヒデカズ Hidekazu Yamamoto

所属/工学部社会環境工学科 准教授
Associate Professor
専門分野/地震工学,物理探査工学,自然災害科学
Engineering Seismology, Geophysical Prospecting, Natural Disaster Science

研究風景
センターでの研究、活動のテーマ
  • 奥州市および一関市における本震余震のアンケート震度調査
  • 奥州市および一関市における常時微動調査および微動アレー探査による地盤探査
  • 実測地下S波速度構造および実測深度に基づいた地域の局所震度予測
  • 地震防災啓発を目的とした教材の開発および改良
  • 地震波干渉法による沈み込み帯の地殻構造の推定
Study in RCRDM, Theme of Activities
  • Estimation of Seismic Intensity Distribution in Souther Iwate Prefecture by Ultra High Density Questionnaire Survey
  • Estimation of Hallow S-wave Velocity Structures by Microtremor Array Surveys
  • Prediction of Strong Motions in Local Area by using Observed S-wave Velocity Structures
  • Production of Playing Disaster Prevention Karuta for the Purpose of Disaster Management Awareness-Raising Activities

全体テーマ

東日本大震災の地震・津波に対して、震度分布や海岸毎の津波遡上特性を解析して防災対策案を検討しています。洪水・土砂災害、火山噴火など岩手県で起りうる自然災害を対象とした研究と地域防災力の向上にむけた研究を推進しています。
The division focuses on the earthquake and tsunami of the Great East Japan Earthquake, and analyzes the distribution of seismic intensity and tsunami propagation on each coast to draft disaster response measures. It also promotes research on possible disasters in Iwate including flooding, landslides, and volcanic eruptions as well as research work to improve disaster management by local communities.

(1) 重要公共施設・社会インフラの適正配置
Appropriate location of important public and social infrastructure facilities

東日本大震災の地震などの詳細震度調査をもとに、物理・地質探査により地域毎の揺れやすさを解明し、地震動による構造物被害の解析を目指すほか、斜面の安定性評価を行っています。また、地下構造探査、重力調査などにより、活断層の位置と規模の把握を行い、岩手県内活断層分布図を作成して重要施設の配置計画に資することを目指しています。
Based on detailed research on seismic intensity observed during the 2011 disaster, the division studies the seismic sensitivity of each area by physical and geological investigation, analyzes the levels of structural damage caused by ground shaking, and assesses the stability of slopes. The division also performs investigations of underground structures and gravity to estimate the location and size of active faults in an attempt to develop a map of active faults in Iwate to help plan allocations of important facilities.

(2) 海岸保全施設(防波堤など)の適正配置
Appropriate locations of coastal protection facilities (including the seawall)

建物の津波被害特性と市街地での津波氾濫の把握、流体力に対する構造物の耐性評価をもとに津波に強い町づくりを目指しています。
The division aims to create disaster resilient cities based on an understanding of the tsunami vulnerability of buildings, the level of devastation in city centers, and an evaluation of structural resistance against hydrodynamic force.

(3) 避難行動を含む地域防災力の向上
Improvement of disaster management in local communities including evacuation

災害時の避難行動調査をもとに避難路などの最適化と地域防災力の向上策の検討や、三陸海岸の津波履歴・地殻変動の研究、噴火史調査、洪水・土石流災害調査を行っています。
The division examines measures to optimize evacuation routes and improve disaster management of local communities. It also performs research on the history of the Sanriku coast tsunamis and crustal movements, studies on the history of volcanic eruptions, and research on flooding and landslides.