防災まちづくり部門

教員紹介※教員紹介はあいうえお順です。
※教員名をクリックすると各個人HPへ移動します。

写真

大西 弘志
オオニシ ヒロシ Hiroshi Onishi

所属/工学部社会環境工学科 准教授
Associate Professor
専門分野/維持管理工学,構造工学,橋梁工学
Maintenance Engineering, Structural Engineering, Bridge Engineering

研究風景
センターでの研究、活動のテーマ
  • 橋梁の簡易性能評価手法の開発
  • 被災地域内橋梁データベースの作成
  • 耐久性に優れた複合構造の開発
Study in RCRDM, Theme of Activities
  • Development of Simplified Performance Evaluation Method for Road Bridges
  • Development of Bridge Database in Disaster Area of the Tohoku Earthquake
  • Development of Durable Hybrid or Composite Structures
写真

小山田 哲也
オヤマダ テツヤ Tetsuya Oyamada

所属/工学部社会環境工学科 准教授
Associate Professor
専門分野/コンクリート工学,コンクリート構造工学,道路工学
Concrete Engineering, Concrete Structural Engineering, Highway Engineering

研究風景
センターでの研究、活動のテーマ
  • コンクリート構造物の耐震性および耐久性
  • コンクリート構造物の被災調査および耐久性診断
  • 廃棄物の建設材料としての有効利用
Study in RCRDM, Theme of Activities
  • Earthquake Resistance and Durability of Concrete Structure
  • Investigation and Durability Diagnosis of Concrete Structure
  • Effective Use as a Construction Material of Waste
FY2013RCRDMパンフ_写真(菊池)_解像度800

菊池 義浩
キクチ ヨシヒロ Yoshihiro Kikuchi

所属/地域防災研究センター 特任助教
Assistant Professor
専門分野/農村計画,都市計画
Rural Planning, Urban Planning

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
センターでの研究、活動のテーマ
  • 学校施設における避難行動および避難計画
  • 住民参加による自主防災計画づくり
  • 過去の津波被害を踏まえた高台移転の実態
Study in RCRDM, Theme of Activities
  • Evacuation Behavior and Evacuation Plan in School Facilities
  • Making of Disaster Prevention Plan by the Inhabitants Participation
  • Actual Situation of the Move to the Elevation in Consideration of Past Tsunami Damage
写真

小林 宏一郎
コバヤシ コウイチロウ Koichiro Kobayashi

所属/工学部電気電子・情報システム工学科 教授
Professor
専門分野/生体電気磁気計測,電子計測工学,非破壊検査
Bioelectric and Biomagnetic measurement, Electronic Measurement Engineering, Non-Destructive Test

研究風景
センターでの研究、活動のテーマ
  • 災害時避難支援および避難先見守り用センサの研究
Study in RCRDM, Theme of Activities
  • Research of the Sensor for Refuge Support and Health Support at the Time
    of a Disaster
写真

田中 隆充
タナカ タカミツ Takamitsu Tanaka

所属/教育学部芸術文化課程/工学研究科博士後期課程デザイン・メディア工学専攻 教授
Professor
専門分野/デザイン学,芸術工学,創造工学
Design

研究風景
センターでの研究、活動のテーマ
  • スマートフォン等を活用した災害時における避難誘導システムの開発
Study in RCRDM, Theme of Activities
  • Development of Application of Evacuation in Tsunami Using a Smart Device
写真

平井 寛
ヒライ ヒロシ Hiroshi Hirai

所属/工学部社会環境工学科 准教授
Associate Professor
専門分野/地域計画学,社会疫学
Regional Planning, Social Epidemiology

研究風景
センターでの研究、活動のテーマ
  • 高齢者等の交通弱者の生活利便性の評価と将来の人口分布を考慮した施設配置・交通整備の検討
Study in RCRDM, Theme of Activities
  • Evaluation of Regional Service Accessibility for Mobility Impaired People
  • Location Planning of Regional Facilities and Transportation Services
写真

広田 純一
ヒロタ ジュンイチ Junichi Hirota

所属/農学部共生環境課程 教授
Professor
専門分野/農村計画,地域計画
Rural Planning, Regional Planning

研究風景
センターでの研究、活動のテーマ
  • 東日本大震災における津波避難行動の実態
  • 住民参加型の防災地域づくりの手順と方法
Study in RCRDM, Theme of Activities
  • Evacuation Activity from Tsunami
  • Community Empowerment and Community Design for Tsunami Disaster Reconstruction
写真

本間 尚樹
ホンマ ナオキ Naoki Honma

所属/工学部電気電子・情報システム工学科 准教授
Associate Professor
専門分野/無線通信工学,アンテナ工学
Wireless Communication, Antenna Engineering

研究風景
センターでの研究、活動のテーマ
  • 避難安否確認システム
  • 非接触健康見守りシステム
Study in RCRDM, Theme of Activities
  • Evacuation Support and Safety Confirmation System
  • Non-Contact Health Monitoring System
写真

松岡 勝実
マツオカ カツミ Katsumi Matsuoka(部門長)

所属/人文社会科学部法学・経済課程 教授
Professor
専門分野/民法,水法
Disaster Law, Land Law

研究風景
センターでの研究、活動のテーマ
  • 防災・復興のためのまちづくり
  • 災害法制の研究
センターでの研究、活動のテーマ
  • Disaster Recovery and Spatial Planning
  • Issues in Land Use on Disaster Reconstruction
写真

南 正昭
ミナミ マサアキ Masaaki Minami(センター長)

所属/工学部社会環境工学科 教授
Professor
専門分野/社会基盤計画,都市・交通計画
Infrastructure Planning and Management, City and Transportation Planning

研究風景
センターでの研究、活動のテーマ
  • 復興まちづくりに関する調査研究
Study in RCRDM, Theme of Activities
  • Reconstruction and Community Development
写真

三宅 諭
ミヤケ サトシ Satoshi Miyake

所属/農学部共生環境課程 准教授
Associate Professor
専門分野/都市・地域デザイン,まちづくり
Urban and Regional Design, Community Design

研究風景
センターでの研究、活動のテーマ
  • 復興まちづくりに関する研究
  • 集落計画・地区別計画に関する研究
  • 復興からの景観形成に関する研究
Study in RCRDM, Theme of Activities
  • Recovery Planning and Community Revitalization
  • Settlement Planning and District Planning in Reconstruction
  • Landscape Design in Recovery Process
写真

麥倉 哲
ムギクラ テツ Tetsu Mugikura

所属/教育学部社会科教育 教授
Professor
専門分野/社会学,地域社会学,社会病理学
Sociology, Regional Sociology, Social Pathology

研究風景
センターでの研究、活動のテーマ
  • コミュニティの再建と地域社会の持続性
  • 地域社会の安心・安全のまちづくり
  • 脆弱性(貧困・格差・過疎・孤立等)問題への対応
  • 被災地における助け合いの文化
Study in RCRDM, Theme of Activities
  • Security and Sustainability of the Community
  • City Planning of Relief and Security
  • Correspondence to Social vulnerability (Poverty, Expansion of the Difference, Depopulation, Isolation)
  • Culture of the Cooperation in the Stricken Area

 

全体テーマ

東日本大震災の教訓を踏まえた災害に強いまちづくりに関する研究、ならびに復興まちづくりに関する研究を、ソフト・ハードの両面から進めていきます。そのために次の3つの分野を設けています。
The division seeks research work to create disaster resilient cities based on the lessons learned from the 2011 disaster, and pursues community development and reconstruction from tangible and intangible aspects in the following three fields.

(1) 地域計画分野 Regional Planning Field

防災まちづくり、復興まちづくりに関する研究を、主にソフト面からアプローチする部門です。東日本大震災に関しては、被災市町村・地域コミュニティにおける従前の防災体制を再検討し、その課題整理を通じて、津波災害に強いまちづくりのあり方を明らかにします。
This field looks into community development for disaster management and reconstruction from an intangible perspective. In terms of the 2011 disaster, conventional disaster management systems in affected municipalities and communities are reviewed, and related challenges are organized to identify the ideal state of a tsunami-resilient community.

(2) 社会基盤分野 Civil Engineering Field

主にハード面からアプローチする分野です。東日本大震災では大津波によって多くの施設・構造物が壊滅的な被害を受けました。それらの構造・配置上の問題点を解明し、津波災害に強い社会基盤の設計と配置を研究します。
This field looks at disaster management from a tangible perspective. A great number of facilities and buildings were destroyed by the tsunami after the 2011 earthquake. Problems related to structures and allocations are identified for the sake of better civil engineering design and arrangement of buildings, to make them more resistant to disasters.

(3) 災害情報分野 Disaster Information System Field

情報面からアプローチする分野です。東日本大震災の直後、被災地内、および被災地と外部との情報の断絶が、生存者の救出や安全確保、支援物資の供給等に深刻な影響を及ぼしました。災害時に真に有効な災害情報システムの構築を目指した研究を進めます。
This field looks at disaster management from the perspective of information. Communication was lost right after the 2011 disaster within affected areas as well as between affected areas and unaffected areas. This loss of communication had a serious impact on rescue work, security and the distribution of supplies. This field also involves research work to build disaster information systems that are truly effective during a disaster.